2015年11月09日

学校に通わせることが子どもの成長にふさわしいことなのだろうか

常々、学校に通わせることに疑問を抱いてきた。
直子は学校になじみにくい。これは持って生まれたものと思う。
保育園の頃は卒園間近になり、先生たちがおどろくほど、自分を出せるようになった。
4年かかってる。

他の子どもたちとは違う生活スタイルというのもある。
TVや娯楽、身体が必要としない食物、欲が先に立つ生活から離れ、
本来の姿に戻ろうとする生活。
これら、他の子供たちとのギャップ。
探究は個人のあり方を重んじるが、学校では同じ答えを求められ、競争の中で学ぶ環境。

子どもたちの中で人との関係性を学ぶには同年代の多くの子どもと接する機会は良いと思う。
団体行動すること、人と調和すること、目上の人への敬いなどなど。

学びの基本は、自分で考え自分で生きられるように育つことと思う。
何を軸として考え行動するのか。
それが学校では教えられない。

自然の法則がすべての命に関わる基本的な軸となる。
それは、ラブスピースで言う神聖なる内。

私は、神の存在など信じていなかったし、いかに自分の都合の良いように合理的に生きることのほうを大切に生きてきたと思う。
ラブスピースで探究をすることで、それは幸せにはならないことを知った。

自分の内側に、神聖なる内という軸があり、多くの高次たちに見守られながら自分自身の魂を蘇らせていることも知った。
自分自身を探究し、法則を見出し、法則に沿って生き方を変えていく過程が自分自身を育てている。

自然の法則で生きることが本当の幸せを引き寄せることだと知ったら?
自然の中で植物が育つ姿を観察し、実際に育み、様々な失敗を経験しながら、探究し、
自分が多くの関わりの中で生かされるということを学んでいく方がずっと心豊かに育つのではないかと思う。
子どもを持った探究者が増えれば、フリースクールスタイルで子育てができるのではないか。
本気で考え始めている。


いろいろな考え方がある。
何がふさわしいのか、自分で考え、選び、探究する。

以下、参考。
●肥料も農薬も一切使わない「自然栽培」に学ぶ
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/kosodate/kosodateno-jutu.pdf
●学校という場所の真の姿を知ってください。
https://www.facebook.com/utsumi.jyuku/posts/1533579080242166
●現代教育は思考回路を殲滅することが本当の目的
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/476208212462937



ラブスピースでの探究は、高次たちと共に、愛にあふれた楽園創造を目指している者の集まり。
探究樂 学び人 募集


ラブスピースを知りたい方は【こちらから】どうぞ!



✨探究の先駆者であり光の導き手、蓮のブログ✨
http://ryu-and-ren.seesaa.net/
posted by トリン at 08:11| Comment(0) | 気づきのいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。