2006年12月27日

ナオからの最初のメッセージ

dozenの蓮ちゃんからそのメッセージをもらっていた
この内容を日記に追加したほうが私の妊娠についてより深く理解できると思ったので、前後したが、そのメールの内容をアップした
ところでおとついだったかなアクセスが入り、大切なメッセージが届いた。
テープを起こしていないので、覚えているかぎりの簡単なもので申し訳ないけれど伝えるね。

2人の子供は今もまだ肉体形成中で、スピリットの方は宿っていない。
その宿る、つまり降りるということについてのメッセージ。

優先候補のスピリットは私たちの仲間で、他にも降りる志願者がいるそうだけれど、その優先候補のスピリットの名前は『ナオ』

だけど、今もまナオは降りることを選択中とのこと。

その訳は、今という時。
つまりシフトが近づいている最中にわざわざ降りることについて。
シフト後に降りる選択とを検討しているとのこと。

もうひとつの訳について。
それは修ちゃんについて。

修ちゃんはこのアクセスで、サナンダの子供であることが判明。
スピリチュアルネームは『ドーヌ』。

スフマーも、ナオ自身も、修ちゃんについて甘いと言っていた。
霊的に役割を担っているのにもかかわらず、この世に何を欲しているのか!・・・と。
このアクセス(スフマー)のあとにナオ自身がアクセスしてきて、修ちゃんのことをそういっていた。

その甘さが、降りる選択の躊躇になっているひとつのこと。
ナオは親を選ぶことができる。
ナオだけでなく、同じ同胞の私たち仲間たちの間にやはりみんなは降り(産まれる)たがるとのこと。

それは特にこれからの地球の変化もあり、より霊的な親を環境を選びたいのと、同胞たちと共に(ありがたいことにdozenをはじめとする仲間がいるところに降りたいと)いうことだと。

たぶん、私たちのそばだと、本来の自分に戻る(スピリット)可能性が高いと観ていてくれている。
そうすることで霊的働きがより近道になると。

以上が簡素だけど。

ナオは声が低く(クマラより低かった)、とても威厳を醸し出した神聖さを漂わせていたよ。


posted by トリン at 01:01| Comment(0) | ナオの誕生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。