2009年11月10日

男女の学び。。。

何度となく繰り返され、少しずつだが進化してきた。
またまた、パートナーシップの問題が浮上中。

パートナーシップを組んでいれば当然のこと。

大波小波が周期的にやってくる。


相手との関係を通して自分を知る。

向き合えば、向き合うほど、
自分でも気づかなかった感情や癖などが現れてくる。

この不必要なものを手放して、変化していく。
私が変化することで、二人の関係性も変化していく。

今、浮上しているのは、楽しくないこと。
一緒にいて楽しくないと思ってることに気づいた。
ないがしろにされているな、とも。

もちろん楽しいこともある。
だが、楽しくないという事実を帳消しにはしない。


それをまずは伝えること。
言わなくてもわかるだろう、というのはよくない。
言葉にすることで、エナジーは動く。


些細なことでケンカをする。
それは表層だと蓮は言う。
根底にあるものは一緒。
そこを変化させなければ、真の変化はおきない。


一般的な夫婦としてみるならば、文句はないだろう。
ないがしろにされたり、楽しくないときも、一時のこと。
そんなのはお互いさまだと言われるかもしれない。


だが、普通の夫婦では私は満足がいかない。


私は、霊的に成熟したパートナーシップを組むことを目的としている。
進んで自らを知ろう、変化成熟していこうと気づいたなら実践をする。
どんな些細な事でも真摯に向き合い変化させていく。
そのような同じ視点で霊的な道を共に歩み、私がスピリットに約束して降りた役割を果たしたい。

自分を愛することへの努力もできずに、パートナーを愛することができるのだろうか。
神聖さを向かずして、聖なるパートナーシップを組めるだろうか。


自分を愛することをしようと思った。


真の探究者とパートナーシップを組みたい。
成熟度について感じているのではない。
その意志をもって実践しているかどうか。


これは、私の高望みだろうか。。。



私が神聖さをしっかりと向き、自分を愛することをし、体現し続けるだけだ。



下記は、蓮が言っていた言葉。

〜頭で理解しようと思ってなんとかしようとしがち。
だが、顕在の理解が超えたところでもそのエナジーは動いている。
だから、法則に沿っていればおのずと答えが出る。〜


神聖さに沿う強い意志をもって自らを明け渡し動くだけ。





posted by トリン at 16:41| Comment(1) | シュウと私の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここでしょうか。来週の木曜日、お願いします(^_^)
Posted by 澤 純世 at 2009年11月19日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。