2009年08月04日

私の弱み

shugreen.jpg
私はSHUをよくかばってしまう。

関連記事→隠さないこと
http://torin.seesaa.net/article/109383465.html


今月の学びのテーマは男女性、特に不干渉の法則。

愛しているがゆえの弱さ。これが私の弱み。
エゴはその弱みを無意識にたくみに活用しコントロールする。
そうすることで、エゴは不全のバランスを保とうとする。

私は次のステップへ進みたい。
干渉することは、相手の学びをうばい成長を妨げる。
互いに成長したいと願う私自らがそれを奪う。

やってみて、失敗することで、人は学び成長するものだ。
神聖さの視点からすれば、学びたいからそのような具現を引き寄せる。
それを、かばってしまい。その具現を起こした責任を取らなくて良いようにしてしまえば、本人は、気づけずに成長することはない。


ただ、無意識にやっている私自身は、気づかないことが多い。

蓮はそれをみて、蓮が気づくたびに伝えてくれる。
蓮だけではなく、探究者の仲間たちが私の気づかない部分をお知らせしてくれる。
普通なら、本人は言われたくないことだとしても、言うことが愛だと知っているから。


仲間と共に探究していること。
すでに多くの体験をしている先駆者の蓮や龍のそばで探究すること。
高次が必要なときに介入できる土壌で探究していること。

これは、一人で探究しているよりも、気づき変化し本来の自分を蘇らせるスピードを確実にあげる。

ただ、この環境を行かすのは本人しだいだが。



もし、変わりたい・成長したい・本来の自分を蘇らせたい・トリンと同じ土壌で探究したい、と思った方はいつでもコンタクトをどうぞ。その入り口は開かれていますよ。
トリンへメール送信




posted by トリン at 01:27| Comment(0) | シュウと私の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。